販売代理店:(株)アルマーカン
河内町は、地平線を見渡せるほど広大な水と緑の町です。
その昔、たび重なる利根川の氾濫で、周辺の地域をこの上なく肥沃な大地へと変えました。
豊かな水と豊潤な土壌、そして温暖な気候がお米作りに最適な環境を作りだしています。



平成23年産米の放射性物質検査を実施したところ、玄米で放射性物質は検出されませんでした。この結果をもって、河内町は本調査の検査結果がすべて判明し、安全性が確認されました。



(1)肥沃な土壌

広大な農地、大自然の中で育ったお米、「おかずのいらないかわちのお米」は特別に栽培された極上の逸品です。

(2)米粒の大きさ

未熟米や、小さい粒を排除した粒ぞろいのお米。

(3)食味値の表示

食味計を使って77点以上の高いレベルのものを厳選しました。
日本で初めて食味値を表示したおいしいお米です。
(77〜87点:シルバー米/88点〜100点:ゴールド米 ※コシヒカリの場合)

(4)保存方法

玄米のまま低温倉庫に保管、注文を受けてから精米をするので、いつでも新米の美味しさをお届けします。

(5)独自の技術「かわちエース」

かわちエースとは(微生物を利用した堆肥発酵促進剤)
有機微生物を使用し、堆肥の発酵を促進させる資材で、これでできた高質な堆肥を田んぼに散布することによって、土壌の栄養価を高め健康な稲を育てます。


「おかずのいらないかわちのお米」は、かわちエース(有機資材)を用いて大量のイナワラを発酵させて生産され、安全を重視した「減農薬特別栽培米」(初期に除草剤1回使用)です。
厳しい品質・食味検査に合格したこのお米は、お米本来の風味をかもしだし、ねばり、つや、整粒度(1.9m/m)



大量使用者向けの、かわちのお米です。

(とねのめぐみとシルバー米をブレンドしたお徳用)

・給食、社員食堂、飲食店
・災害備蓄用、災害炊き出し
・大型イベント
・老人ホーム、病院


水稲品種「とねのめぐみ」は、平成17年に農林水産省の品種登録を得て、翌18年に茨城県の産地品種銘柄に指定された「ふるさとかわち」のオリジナル米です。
強い粘りと、ふくよかな食感が自慢。こしひかりに並ぶ極良食味のお米です。炊きたてはもちろん、冷めてもおいしいのでお弁当やおにぎりに最適です。
名称の由来は、平野に広がる稲穂が「利根川の自然豊かな恵み」であることをイメージしました。


★10kg以上お買いあげの方に

「一流ブランド紳士靴下」1足進呈



「ふるさとかわち」では、おいしいお米が出来るまでの田植えや稲刈りを体験できる行事を開催いたしております。
私たちが毎日のように食べているお米、そのお米が出来るまでの貴重な体験をしてみませんか。
自然とふれあえる絶好の機会です。ご家族そろってお楽しみ頂けます。